YouTube280万アクセス男のネットビジネス実践記

鬱・自殺未遂から未来を切り開いたのがYouTubeアフィリエイト。明るさを取り戻した沖縄男の逆転・実践記です。

Q&A



Q. YouTube動画をダウンロードして、さらにバナーを張った場合の著作権について

自身のブログで動画を紹介だけなら何の問題も起こらないと思いますが
アフィリエイトに利用することを目的に投稿者に無断で動画内にバナーを
貼ったり、商品宣伝のテロップを流すような行為は広い意味で動画の改変に
あたるのではないでしょうか。


A. リアルならやりませが、アフィリエイト目的なら、まずは経験です。

あっ、僕も似たようなツール持っていますよ。
無料でもらったブラックメッセンジャー2でつくりました。
このツールに同封されていました。


 

さて、

アフィリエイト前提でしたら、まずはやってみてもいいと思います。
この場合の著作権はグレーゾーンです。

僕でしたら、アカウント停止になってもいいような
YouTubeアカウントを新規取得し、取り組みます。

アフィリエイトで稼いでいる人は、このグレーゾーンに
積極的です。一部の人に批判されるのを覚悟しているのか、
気付いていないのか、経験を積んで、それから真面目な人間に
戻っている人が多いような感じです。

ちなみに、個人事業主ビジネスの集客や売上アップの
リアルビジネスの場合でしたら、今回のバナー広告埋め込むは
使わないように指導します。

2014年12月から、著作権が厳しくなっているような感じです。
僕の仲間がことごとく、動画を削除されたり、一発アカウント停止に
なっています。

なので、僕のセミナーもリアルとネットビジネスで分けて教えています。
参考になれば幸いです。
宜しくお願いします。




 
 

Q.質問

来年からfacebookの規約変更について知りたく連絡しました
来年から個人情報の取り扱いが変わるようですが
この点、個人情報漏洩の危険も話されてますが現状はどうかご存知でしょうか? 
年内で止める方も出てるようで、、
私自身はfacebookページなどにたくさん書いてるので迷ってます、、
タマンさんどうお考えでしょうか?


A.返答

もともと、無料版のサービスはリスクと隣り合わせです。
mixi、Twitter、Facebook、YouTube、そしてTsuも。

これは車の運転と同じですね。
便利な変わりに、危険(リスク)も背負っているということです。

FacebookやGoogleはこれまでも僕らの情報を抜いてきました。

なので、対策として、Facebookは使っていない時は、ログオフ。
GoolgleやYahooもログオフ状態で検索するなどして自己防衛をする必要があります。

僕自身、LINEのID乗っ取り被害に会いました。

便利な反面、どう使うかは個人の判断です。

車が危険なら、利用禁止にすればいいし、
江戸時代のように、歩いて移動するだけの話。

携帯電話やテレビのブルーライトが危険なら、使わないだけ。

薬や食べ物も危険物質を明記しており、食べるかはユーザー任せですね。


どう使うかはあなた次第。
国や人に文句を言う前に、あなががどうしたいのか?

質問をいただきました。


Q:質問
あるYouTubeチャンネルの実績(総再生時間、再生回数、登録者数など)が高いと、
そのチャンネルでアップした動画が他の動画より相対的に上位表示されやすい
ということはあるのでしょうか?」



A:タマン返答
どうなんでしょう?単品の動画次第のような気がします。 僕のあるチャンネルは270万回の総再生回数があり、 2,000人上の登録者数がいますが、そこでアップしても 再生回数が伸びたり、SEO的に上位表示はしませんでした。 逆に新規につくったチャンネルページで、YouTubeのチューニングを した動画を上げたところ、上位表示した動画もありました。 なんとなくですけど、ブログの記事と同じだと思います。 ペラサイトでも、トレンドキーワードで上位表示するので YouTubeも動画単体のチューニング次第だと思います。


YouTubeのチューニングとは、3つのテキスト項目の最適化と
サムネイル画像の見せ方です。


タマン会員限定の秘伝ノウハウです(笑)。
18(木)夜のセミナーで一部お伝えしますね。


 

=====================
◆◆Q2.質問

=====================

 140528_質問女性

ミュージックビデオなど
他人がアップした著作権違反動画を
二次利用した場合、どうなるの?


 =====================
◆◆A2.回答

=====================

140421e_タマン返答顔小

グレーゾーンです。
ご自身の責任の範囲にお任せします。

GoogleやYahoo等で、
「YouTube  違法動画  ブログ埋め込み」
と探すと、いろいろヒントが出てきます。

自分はアップロードはしていないし、その違法アップロードされた
動画を自分のブログに埋め込んだ場合は、
違法行為をほう助(手助けすること)したことになる可能性があります。

とありました。


ただ、実際には普通に行われていることですし、
YouTubeで「動画を共有する」という機能もありますので、

現在はグレーゾーンです。

あくまでも元動画の著作権者しだいです。

有無を言わさず、削除や警告をする日本のテレビ局もあれば、

角川のように、時と場合によって、使い分けている会社もあります。
(違法動画なんだけど、自社にもメリットがある動画であれば
削除しないスタンス)

最近で言えば、著作権に とても厳しいと言われる
ディズニーでさえ、YouTubeの違法動画を見逃している
場合があります。

 

140421a_YouTube著作権


Q1. ダウンロードした動画の著作権について。

A1. 事前に動画所有者に許可をとれば問題ないです。



(一部情報は、修正しています)↓↓

=====================
◆◆Q1.質問

=====================
 
140421b_困った顔女性


> はじめまして、●●と申します。
> このたびは、YouTubeに関する、すばらしい無料レポートを
> 作成していただきありがとうございました。
> わかりやすく有益な情報に、感動しました。
> ひとつ、質問があるのですが、
> タマンさんが、作成された動物の動画などは、
> どのようなところ(ソース)から、録画やダウンロードされたのでしょうか?
> わたしは、一度テニスの●●選手の試合を放送を録画して、
> YouTubeにアップロードして公開しましたら、
> 注意(軽く)を受けました。
> 自分で撮影の動画なら、全く問題ないと思いますが、
> どのような、ソースからの録画なりダウンロードなら、
> タマンさんの動物の動画のように、
> 問題なく公開できるのか、知りたいと思って
> メールさせていただいております。
> お多忙中恐れ入りますが、
> よろしければ、教えていただけますでしょうか。




=====================
◆◆A1.回答

=====================

140421e_タマン返答顔小


●●様

タマンです。

無料レポートをダウンロードして頂きありがとうございます。
っというより、素直に嬉しいです~。

いい質問ですね。
(あっ、偉そうにすみません・・・)

この質問、無料レポートのネタになりますね。
こちらこそ、感謝×感謝です。


●●さんと同じ経験を僕もしています。

当時はバレないだろうと、安直な気持ちで、
あるテレビ局の政治ネタをアップしたら、
注意などなく、そく削除でした。

警告を3回受けると、アカウント停止になるので
ヒヤヒヤでしたよ。

●●さんの
軽く注意ならまだいいほうだと思います。


あの動物のソースネタは海外です。
しかも、合法です。


ようは、許可をとり、相手メリットにもなるように
すれば、何も文句は言われません。
逆に喜ばれます。


例えると、西友などの大手デパートで、ミッキーの弁当箱を
売っていても、ディズニー関連会社から訴えられていないのと
同じです。


なので、よく見ると分かるのですが、あの動物ネタの動画には
広告を貼っていません。

貼ると、ソース元からクレームがきます。
「俺の動画で儲けるなよって」


逆に僕がアップした動画経由で、ソース元にも視聴者が
異動します。つまり、僕はソース元からすると、アクセスを
集める入口の一つとなっているのです。

これにより、ソース元の動画閲覧者が増え、広告収入も
増えるわけです。

まとめると、

・ソース元は、僕経由でアクセスが増える(収入アップ)。
・僕は動画視聴者数100万超えという実績が手に入る。


ソース元はアラブの国ですが、ちゃっかり、僕が入れた
キーワード(メタタグ)をタイトルとタグに入れていました。
漢字なんですが、コピペしたようです。


つまり、Win & Win なんですね。


許可を取ると言っても、相手にメールするだけです。

もっといろいろノウハウがあるのですが、無料レポートに
まとめるか、メールで配信しますね。

他に聞きたいことがあれば、遠慮なく聞いて下さい。

僕の知っていることがお役に立てれば嬉しいですし、
僕自身のネタにもなります。


それでは、今後とも宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ