平凡な人生、成功から絶望へ  


最初から「脱サラ!」「起業!」「独立!」なんて思っていたわけではなく、普通に学校を出て、普通に会社勤めをしていました。共働き両親の元、沖縄で生まれ、公立幼稚園・公立小学校・公立中学校・県立高校・地元の国立大学と教育費の格安コースを歩み続けました。家庭が裕福でなかったため、高校と大学は奨学金をもらいつつ、20以上のバイトを掛け持ちの多忙な日々。

 

その後就職して結婚、娘2人と猫2匹で平凡な毎日でした。


妻の両親家が道路計画のため、立ち退きとなり、あらたに新築を建てる際に二世帯同居となりました。当時、家族で住んでいたマンションも上手く売却でき、2年間の同居後、妻の両親の事業を継いで欲しいと言われました。信頼されていて、とても嬉しいかったです。

 

家族6人でやっている賃貸アパート経営です。

次期社長・・・。カッコいい。いま思えば安易な考えです。

 

実は当時、ソフトウェア関係の会社2社から転職のオファーを頂き悩んでいたところでした。ITやネット系は好きなんですけど、残業が多い業界で有名です。好きで得意なIT関連の仕事を切り捨て、不動産という未知の領域に進んだのは、家族ともっと自由な時間を持ちたいためでした。

 

家族のため、と思ったこの決定が、まさか、家族を切り裂くことになるとは当時思ってもいませんでした。相続と事業承継のトラブルです。妻子とは仲がよくても、周囲の人との複雑な人間関係で小さなことが、どんどん大きくなり、次第には弁護士が突然あらわれて・・・。

 

お金の怖いところを経験しました。幸せ絶頂から、ジェットコースターのように超絶望に落ちたのです。

ちっちゃな人間関係の問題解決には、「弁護士よりも心理セラピストを!」 
その考えをお伝えする前に、まずは、僕のエピソードをお伝えします。

 


  エピソード1「インターネットビジネス」  

仕事と家庭で同時に発生した人間関係にかなり悩み、苦しみ、もうダメだと絶望を感じたとき、YouTubeとメルマガアフィリエイトに助けられました。

 
ある、まともなアフィリエイト塾との出会いです。

当時、僕は146万再生のYouTube動画を持っていました。ただ、それをどう活かせばいいか分かっていなかったのです。それをメールマガジンを使って、YouTubeのノウハウを情報提供し、アフィリエイトという手法で収入を得ることを教わりました。

 

アフィリエイトはこっそりと3年間やっていて、全く結果がでず、情報商材を買い続けていました。いよいよ追い込まれた僕は、その塾に入る決心をしたのです。そこでは多くの仲間が相互補助しあう制度が出来ていたのです。当時一人でコツコツやっていたので、人間味が嬉しかったです。学長のプッシュもあり、同期ではトップになり、収益もどんどん増えていきました。

 

150205_アンビシャス

 ネット副業雑誌「Ambitious(アンビシャス)」に掲載

 

 

  エピソード2「セミナー講師」  

 

YouTube+メルマガのことを聞きつけた知人から

「タマンさんのYouTubeノウハウ面白いね、うちのNPO会議で10分ほど講演してよ」

とお声をかけて頂きました。

 

それが、セミナー講師デビューです。

 

20名ほどの参加者の前で話していたら、好評を頂き、次の2時間セミナーを開催し、とても喜ばれました。それからYouTubeやネット戦略のリアルビジネスの仕事が多くなってきました。

 

「ノウハウを身に付け、それを発信していく、そして仲間との出会い」

 

この流れが確立した瞬間です。

ホント、人との出会いっていいですね。

 

 

 エピソード3「セラピー&心理学」 

人に傷つき、でも、人に助けられてきました。インターネットだけのビジネス世界では味わえないことです。そんな出会いから始まり、セラピストや心理学のスクールにも通うようになりました。

正直、心の傷は治っていなく、どこか癒しを求めていたのです。
 

元々のキッカケは、書籍「嫌われる勇気」のアドラー心理学にハマったことでした。
以前の僕は、「男はガマン、表情には見せない」と顔で笑って、心で泣いてを繰り返していました。

 

アドラー心理学は、そんな僕の気持ちを蹴散らしました。

 

・トラウマの「原因論」は不要。
・これからどうする?の「目的論」が大事。
・嫌われることを恐れない。
・全ての人間は変われる!
・あなたはあなたであればいい。

 

デジタル理系男の成果主義なため、こんなキレイな言葉にふ~んな状態でした。でも、人は本当の「不幸」を感じると、一つ一つの言葉が自分事のように響くんですね。アドラー心理学に目覚めると、自らネットで検索し、ワークショップ講座を受けに行きました。独学より、もっと極めたいと思ったのです。

 

ネットビジネス系のセミナーにはよく通っていたのですが、心理系の参加は初めてでドキドキしてしたのを覚えています。途中で帰ろうとしたほどです。。

 

それが、講師を務めていたセラピスト先生との出会いです。

 

セラピスト協会 代表で創設者です。借金20億円、自殺未遂を繰り返す、困難な精神状態の中で事業展開し、35歳の時に復活を果たすという、壮絶なプロフィールを聞き衝撃を受けました。

 

内容もそうですが、それを本人自ら過去のことを伝えていたのです。僕だったら隠したくなるようなことを、堂々と講演し、「人は変われます!」ということを優しい口調で強く仰っていました。

一人の受講者として通っていた僕が、気が付けば、何度も通うように・・・。

 

コミュニケーション心理学やカラー診断、数秘、コーチングと、これまでとは異なるスキルを身に付けるようになりました。参加している人達にも心に大きな傷を抱えている人が多く、仲間意識が強くなってきたのです。ワークショップ内外では完全守秘義務です。それが安心感を生み、結束を強くしたのかもしれません。


そういった意味では気付かせてくれた「不幸」に感謝です。あの人さえいなければ・・・、と恨んでいましたけど、キッカケを与えてくれて「ありがとう」と言えるようになったのです。まだまだ問題はいくつか残っていますが、起こっている事象は同じです。過去や相手を変えることは出来ません。過去の出来事をどう見るか、どう感じるかによって、今を生きる幸せにもなり、不幸にもなることを知りました。

 

 


  エピソード4「恵比寿ソーシャルアカデミー」応援  

僕と同じような経験をした人を少しでも勇気づけるお手伝いをするようになりました。ただ、一人では限界があります。一人が救える人数は限られています。

 

セラピストやカウンセラー、ヒーラーやスピリチュアル、占いなど、自分を癒し、人助けとなる方法はたくさんあります。とても素晴らしいことです。斜に構えた過去の自分とは違い、いまではハッキリと言えます

 

そんな方たちがもっと多くの人を助けられたならば、問題が小さいうちに解決します。だから、僕は彼らのような悩み解決をお仕事にする人たちを支援しますし、これからも応援していくのです。

ですが、まだまだ認知度は低いです。

そのため、たとえば、人間関係のトラブルに悩んでいる人がいる場合、弁護士に依頼します。
それしか方法がないと思い込んでいるからです。
それが相手を傷つけるとは思わずに・・・。

弁護士や弁護士に依頼する人が悪いと言っているワケではないです。
あくまでも、弁護士は最後の、ホントの最後の手段です。
相手と縁を切ってでもいい覚悟が必要です。相手を攻撃する意味も理解して欲しいです。

優秀な弁護士であれば、悩み相談の依頼をうけたら、レベルに合わせて心理カウンセラーを紹介するそうです。

セラピストやコーチングなど、人のお役にたてる方をもっともっと知ってほしいと本気で思い、ネット活用をお伝えしています。それが恵比寿ソーシャルアカデミーを発足した理由です。

単にアメブロやYouTubeを覚えましょう、だとモチベーションが続かないことが分かりました。
なので、恵比寿ソーシャルアカデミーでは、「学び」を「収益」に変えることをお伝えしています。ネットでプチ稼ぎつつ、自分が本当にやりたかったことをネット配信する、このハイブリット方式のほうが、 覚えるのは早いです。

 

・学びを稼ぎに変えよう。

・YouTubeで見える化。
・Facebookで親近感。
・ブログで情報配信。

・ヤフオクの物品販売で簡単にネットで稼ぐ体験をする。
・ホームページでビジネスにつなげる。
・スマホで すきま時間活用。
・3日坊主を3週間続けるコミュニティ活用法
・絶対成果がでるワークショップ術
・アドラー心理学を学ぼう。
・など

 

アイデアはどんどん湧いてきます。スクール講座が追い付いていません(泣笑)。

心とネット戦略を手に入れ、あなたの情報配信で人を元気にし、人と人の交流が生まれる場所をつくっていきます。


「学び+実践+仲間」

 

その先にある「愛と冨のオリンピック」を一緒に目指しませんか?

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
長文にお付き合い頂き、ホント、感謝×感謝です♪





  無料メール講座   

セミナー動画を公開中です。
この機会に、ぜひご登録ください。

http://cl.jbmo.org/2/mltoroku/